FC2ブログ

雑記:18.07.06~07 関西旅行


関西行ったから日記書いたよ。

2018年7月6日
俺が着いたら雨が止むなんて無責任なツイートをしてしまったなあと無責任なことを考えながら雨の梅田に降り立つ。梅田駅のマクドナルドで朝食。
最近俺のiPhone5sはすっかりやる気が無くて充電100%でも平気で事切れるのだけど今朝も歩きがてら少しツイッターを開いただけで落ちた。梅田のマックにはコンセントがなくてこの後向かうシネリーブルの正確な場所がわからないことに少し困ったけど、大体あそこらへんだったはずだという淡い記憶をアテに梅田スカイビルの方に向かう。
旅行に靴下持って行きたくないからって理由でサンダルを新調したのだけど足元で雨を感じながら心から英断だったと思った。

スカイビルの近くにコンセントのあるカフェを見つけて、麻原彰晃の死刑執行のニュースを見ながらホットのカプチーノをすする。リーブルの目と鼻の先にいることを確認。安心。
スカイビルのロビーは調布のグリーンホールと似てて「そうそう、こういうきれいなビジネスビルみたいなのの中に映画館とかあるんだよな」と思いながらどこから上の階に上がるのか分からず少し迷う。
シネリーブル梅田はスクリーン両脇に通路があって音が入らないか心配になるけど、映画に満たされているお洒落な劇場だった。
4階は元々ガーデンズシネマだったのを改装したフロアでその面影を残すよう作品選定している、という話を思い出しながら入場する。今日観るブリグズビーベアと死の谷間はたまたまどちらも4階だった。

201807152037449d2.png

ブリグズビーベアを堪能。創作と現実がそれぞれに豊かな影響を与えること。自分の物語を語ることの大切さを感じる。

あいだが一回分開くので下の階のカフェで昼食。
頼んだケーキが品切れというやりとりが3回くらい続いて結局そこまで食べたくなかったアップルパイを注文する。
チキントマトサンドをムシャムシャ食す。美味し。アップルパイもちゃんと美味かった。ブリグズビーベアの感想をサクッとまとめる。

2018071520423398f.jpeg

夜行バス明けで二本観れるか心配だったけど二本目もしっかり堪能。ゲストハウスまで割と歩かないといけないので萎えぽよだったのだけど雨が止んでたので良かった。散歩における梅田の街の面白みの無さったらない。
チェックインして友達との約束の時間までゴロゴロして過ごす。
友達は大雨で昼に会社を帰されたらしい。大阪近辺でもだいぶ交通インフラに支障が出てるみたいで明日のサミット組もタイムラインで心配を募らせている。
平和ボケしているのでゲストハウスのベッドにあらゆる荷物を置いて出かける。盗られて困るものも別にない、と言いつつ実際盗られたらマジ困る。

友達とは2年ぶりの再会だったけど2年のブランクを光速で埋める気の置けなさ。
飲み屋にゴキブリが出たけど良い夜だった。
相変わらず目を見て話すのが苦手だけど「こいつ全然目を見て話さないな。私のこと好きなのか?」と甚だしい勘違いをされていないかだけが心配。

ドミトリーのベッドが中国人観光客に包囲される配置で、何回もカーテンを開けてきやがるのでいっそ裸で寝てやろうかと思ったけど、健康で文化的な最低限度の生き物であるために思いとどまる。
眠るように泥。間違えた。泥のように眠る。


2018年7月7日
苦手な早起きを制し朝シャンまでかまして余裕のチェックアウト。飽きもせず雨の梅田。
なる早で京都へ大阪から移動してしまおう作戦、略して京都大作戦を敢行する予定だったのだけどダイヤに雨の影響が出ていないので今回は中止です。(不謹慎)
連日の豪雨で鴨川がえげつない暴れ方をしているけどこんな日でも河川敷でおしゃべりに高じるやつがいたりやはり京都の人は東京人にないillな落ち着きを持ってる。
ちなみに出町柳駅到着時点ですでに携帯はこの日の充電を使い果たしており、おばあさんに道を尋ねて出町座にたどり着く。
義理人情だけをライフラインに旅行をしてる。どこまで行けるか楽しんでる部分もあるけど足で稼ぐには雨がマジ辛い。

20180715204015ad8.png

ワンダーランド北朝鮮のチケットを買って出町座のカフェで一息。
券売機で買ったチケットをカウンターに持って行って席を取るという、他の映画館では見たことない独特の二度手間システム。スタッフさんが座席表にマッキーで「予約しましたよ」のペケをつけるのを見ながら「何とかならなかったのか」とツッコむ。心で。
偶然死の谷間のプレスが置いてあって昨日まとめきれなかった感想をしっかり掴めた。ゴロンとしたピクルスの入ったオムレツサンドが美味し。
全体的におしゃれなチューニングの映画館でまあ俺みたいなのは馴染まないのだけど、良心的なプログラムにしっかりお客が入っていて地元の信頼感が伝わる。

201807152039355e1.png20180715203949cd0.pngzEs4jFJ3.jpg



ワンダーランド北朝鮮はディストピアSFみたいでケラケラ笑いながら見た。北朝鮮の北朝鮮イズムの徹底っぷりよ。

メインイベントの飲み会までにもう一軒、ACIDMANファンの兄妹がやられてるcafé ALMAというカフェにテクテクと移動。もちろん店名はACIDMANの代表曲より。今回の旅で友人と会うアポイントメント以外では出町座とALMAだけが行きたい場所リストに入ってたのだけどどちらも出町柳が最寄り。熱い。京都に住むなら出町柳だな。
奇跡的に徒歩移動の間は雨が止んでいてすげえ全能感。ランチタイムにギリギリ滑り込んでグリーンカレーのセットを注文した。黄金コース。
店内のBGMはもちろんACIDMAN。ツイッターの料理画像にいつも脳下垂体を襲われていたのだけど実際質、量、値段と三拍子揃った感動的なパフォーマンスだった。
久しぶりに美味しいカレーを食った時にだけ分泌される何かがドバドバ出る。
1周年なのでと帰り際にカップケーキもいただいた。次はケーキも食べたい。

2018071520423128f.jpeg

店を出ると見飽きた雨模様だったけどすぐ目の前に京都行きのバス停を見つけて全クリ確定。万が一電車が止まっていたら最悪ヒッチハイクも辞さぬ構えだったのだけど杞憂に終わって安心した。
結局今回の旅行では一切荒天の影響を受けなかった。日頃の行いだろうか。

飲み会は本当に楽しかった。アウェイに乗り込んでどこまで受け入れられるか不安だったけど空っぽになるまで吐き出して満タンになるまで受け取る、とても良い夜だった。
映画を共通言語にできる人は意外と少ない。俺はアウトプットとインプットのどちらも大好きな人間なので話してばっかりでも聞いてばっかりでもつまらないなと思うのだけど、関西の人たちは着いた瞬間から「今日は本気でいけるな」と信頼できるバイブスで、実際最高のグルーヴだった。
そういう「半端ないって!!」という興奮のままに過ごしてしまったことを後悔するくらいで、まあ平たく言うと俺喋りすぎたかなと思ってて、次はここぞで一言二言発するだけなのだが何故だか異様な説得力を持って聞く人の記憶に刻まれるような黄金の相槌を打てるように頑張る。
ねことおでかけさん、すきやばし太郎さんにも愛を。ビガップ関西。また会いましょう。

DhgM1agU8AEQ6vm.jpg

帰りの夜行バスは佐藤秀峰の作画したチャン・チェンみたいな人が隣の席で踏ん反り返っていて一晩中ポジション争いをしていたら東京に着いた。
体は否応無く、心はゆっくりと東の人間に戻っていく。
ここから物語は「ペップノメ GBW in TOKYO」に繋がっていくのだけどそれはまた別のお話。
良い旅行だった。ピースアウチョ。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply